加齢によって起こる尿漏れ|中年女性の多くが悩んでいる症状

感染経路を押えて

悩むレディ

近年は梅毒感染者が非常に増加している傾向です。梅毒という病気は性交渉によってもたらされるものとばかり思われがちですが、実際にはそれだけではありません。そもそも梅毒はトレポネーマという微生物が引き起こす感染症のことです。その感染する経路が性交渉にはあるというだけで他にも経路があります。たとえば、歩いているときに転んで怪我をしたケースが挙げられます。このときに皮膚にできた傷口から侵入してきて感染することもあります。これは子供に多いケースです。他にも、妊婦が感染しているときにはその子供にも感染することがあります。さらに、オーラルセックスで咽頭に感染したりすることもあります。いろいろな場面で感染する可能性があるというわけです。

梅毒の症状というのは自覚症状がほとんどありません。そのため、知らず知らずのうちに症状が進行していることがほとんどです。感染してから3ヶ月以内であれば病原菌が侵入したところに硬いしこりのようなものができます。しばらく時間が経つと消えますが、傷口にこうしたものが発生したときには病院で診断してもらいましょう。病院で検査を受けることです。もし梅毒の検査で陽性反応が出た場合には、抗生物質を投与されます。この抗生物質のことをペニシリンといいます。この薬を飲むことで治療が行われることが一般的です。ペニシリンには梅毒トレポネーマを攻撃して死滅させる働きを持っています。感染してから3ヶ月以内であれば2週間から1ヶ月程度で完治できます。