加齢によって起こる尿漏れ|中年女性の多くが悩んでいる症状

血清反応で判断

笑顔の女性

2016年において梅毒の感染者数が4000人以上になったことで梅毒の検査をすることが非常に重要視されるようになってきました。そもそも梅毒というのは、病原微生物が引き起こす病気であり、リンパ節が腫れたり皮膚の特定部分が赤くなったりします。症状が進行していくと、心臓や脊髄にも影響を与えていきます。もちろん、医療技術の発達によって抗生物質で梅毒をしっかりと治療することができるようになりましたが、やはりかかりたくない病気であることには違いありません。仕事が忙しくてなかなか病院に行かずに放置してしまったりすると完治するのに時間も非常にかかります。そのため、検査の需要が強くなっていて、その意義が非常に高まっています。

梅毒の検査で最も代表的なものは梅毒血清反応というものです。まずは採血することから始まります。その後の方法には2つあります。1つは牛から採取することができるカルジオリビンを抗原にして血清の中で反応するかどうかを確かめる方法です。正式名称をワッセルマン反応といいます。期間としては1ヶ月程度かかります。もう1つは、梅毒の病原体を抗原にして血清と混ぜて反応を確かめる方法です。TPHAテストといいます。1ヶ月以上時間がかかります。期間に違いがありますので、まず前者を行います。ただし、妊娠期間中であれば陽性反応が出ることもあります。そのため、次に後者の方法を行います。検査を受けようと考えている人は両方とも受けるのが一般的です。