加齢によって起こる尿漏れ|中年女性の多くが悩んでいる症状

加齢の悩み

ウーマン

30代から40代が多い

加齢による女性のデリケートな悩みは中々人に相談しづらい部分があります。尿漏れの悩みを持つ女性が意外と多いです。特に30代から40代で尿漏れを経験する人が多くいます。出産による骨盤底筋のゆるみや衰えが原因となり起こります。笑った瞬間に尿漏れを経験したり、くしゃみや咳などで起こる事が多いです。骨盤底筋を鍛えるようなエクササイズも有効で、日常的に鍛えるようにすると改善がみられます。また尿漏れによる臭いなどが気になる場合は、専用のパットなどを使用したりすると安心です。すぐに改善が見られなくても継続する事が大切です。特に出産後は積極的にエクササイズに取り組む事で改善します。方法は簡単で数分程度でも効果が出てきます。

クリニックを受診

尿漏れが深刻化している場合は、専門医を受診する事をおすすめします。最近は女性専用の泌尿器科が設けられているクリニックもありますので、安心して受診出来ます。日頃の悩みを担当医に話、改善方法を相談していきます。専門外来を受診すると、尿漏れの原因を調べていきます。中には、加齢に伴う骨盤底筋の衰えだけでなく、その他の疾患が隠れている場合もあります。ある程度の原因が分かれば、治療に進みます。薬物療法から、電気療法などに加え、骨盤底筋のトレーニングや膀胱のトレーニングなどを行います。女性専用の泌尿器科の多くは予約診療になっている事が多いので、安心して治療を進めていく事が出来ます。早めの対応が治療を順調に進めてくれます。

感染経路を押えて

梅毒の感染経路としては性交渉、身体的事故、母からの感染などが挙げられます。性交渉だけからでは決してありません。治療法としてはペニシリンという抗生物質を飲むことが効果的です。感染から3ヶ月以内であれば1ヶ月以内に完治可能です。

血清反応で判断

梅毒にかかる人が近年増加している傾向にあります。リンパ節が腫れたり、皮膚が赤くなるという症状が出ます。ひどい場合には心臓や脊髄にも影響が出ます。検査をする方法には2つあります。ワッセルマン反応とTPHAテストの2つです。

恥かしがらずに相談しよう

新宿にある泌尿器科にはビジネスマンや商業地で働く方、または通勤通学で新宿を通る方などが大勢お越しになります。腎臓や尿道尿管関係、前立腺関連の症状は勿論の事、勃起不全でお悩みの男性も気軽に立ち寄り、相談して症状を早期治療しています。